ナイルのかだん

検索
採用サイト

これ読んだ?ナイルのかだん人気記事ランキングBEST10【2021年度編】

2017年に当メディア「ナイルのかだん」が立ち上がって以来、最も多くの記事を公開した2021年度。2021年4月~2022年3月に、計52本をお届けしました!

立ち上げ当初から意識している「生のナイル」をご紹介すべく、経営陣やメンバーたちのリアルな声を反映していることから、これらの記事を読んでナイルに興味を持ち、応募してくれた候補者も多数入社してくれています。

そこで今回は、2021年度に公開した記事の人気ランキングや、編集部のおすすめ記事をご紹介します!チェックしていないものがありましたら、ぜひ読んでみてください。

2021年度人気記事ランキングベスト10!

まずは、よく読まれた記事のご紹介です!

第10位

産休前よりも受注率UP!その理由は?―第一線に復帰したトップセールスの働き方

産休・育休を経て2021年に復帰した、デジタルマーケティング事業部のセールス担当・山田摩耶に、「ナイルにおける子育てと仕事の両立」のリアルを聞いています。復帰して間もなく以前のような高いパフォーマンスを発揮することができた理由、ライフステージが変化してもキャリアをあきらめずにいられる会社の環境について語ってもらいました。

第9位

これからのSEOマーケターが成果を出すために必要なこと――JADE伊東氏×ナイル土居

Webコンサルティングサービスを提供する株式会社JADEの代表取締役、伊東周晃氏をお招きし、ナイル取締役の土居と「SEOを担当するWebマーケターが成果を出すためにはどのような視点とスキルセットが求められるのか」について語り合った対談記事。「事業会社のほうが自由にできそうなのは幻想」など、転職を考えているWebマーケターが悩みがちな話題を含めて、興味深いトピックが盛りだくさんです。

第8位

異動によって新しい世界に踏み出し、成果に結び付ける先輩「フミダス」の今

社員の異動希望を1年以内に100%叶える!人事制度「フミダス」誕生の背景とは?」に続いて公開した、実際にフミダスしたメンバーのインタビュー。事業部を異動、もしくは同じ事業部内で別のポジションに転向した3名に登場してもらい、異動を希望した背景や、その後の状況について話を聞いています。

第7位

【ナイルって実際どう?】SEOの守備範囲は“いわゆるSEO”を超える―Webコンサルタント・経験者編

転職を考えている候補者の多くが気になるであろう、「ナイルに転職して実際どうなの?」を赤裸々に語ってもらう企画。第1弾は、デジタルマーケティング事業部のWebコンサルタントを取り上げ、Webコンサルタントの経験者として中途入社したメンバーと、未経験で入社したメンバーそれぞれで話を聞いています。

こちらの「経験者編」では、Webコンサルタントの池谷優一と長谷川美紀が登場。ナイルでは「世間一般でいうSEOの話はほぼしていない」といい、身につく知見の幅広さについて話してくれました。

「Webコンサルタント未経験者編」はこちら

第6位

成長率30%を突破!デジタル戦略からコミットするナイルのデジマ支援事業、顧客を勝たせる最強集団へ

ナイルの創業事業であるデジタルマーケティング事業は、SEO支援という強みはそのままに、より上流のデジタル戦略の策定に携わる事例が増え、2021年の上半期時点で昨年比30%以上の受注増加を達成しました。今後も上流のレイヤーからより効果的な戦略やソリューションを提供し、顧客の事業成長に最後までコミットしていくために、今どのような取り組みをしているかについて、代表の高橋が紹介しています。

第5位

【ナイルの組織】中途入社や社内異動メンバーの人事評価、給与水準の考え方

人事評価制度と給与の考え方を大公開」の後編となり、こちらは中途入社・社内異動をしたメンバーの場合の人事評価と給与の考え方について紹介しました。古参社員と中途入社社員の給与バランスや、給与水準の考え方など気になるトピックも。

第4位

社員の異動希望を1年以内に100%叶える!人事制度「フミダス」誕生の背景とは?

社員のキャリアにおけるチャレンジを支援するため、活躍している人材の異動希望を1年以内に100%実現させる人事制度「フミダス」について、取締役 兼 人事本部長の土居健太郎が紹介しています。それまでも「暗黙の文化」であったことを、あえて制度化した理由とは…?

第3位

事業への本気が集う場所「ナイル」。未来を見据えてミッション/ビジョンを刷新

2021年7月にナイルのミッション/ビジョンが刷新されたタイミングで、代表の高橋飛翔が登場した記事。ミッション「幸せを、後世に。」とビジョン「デジタル革命で社会を良くする事業家集団」に込められた思い、そして2021年1月に約50億円の資金調達を発表した後の各事業部の取り組みについて語っています。

第2位

1,000万ユーザーのその先へ、Appliv事業のこれから――事業責任者×編集者対談

現在は執行役員 兼 メディアテクノロジー事業部のメディア事業ゼネラルマネージャーの針替健太と、Appliv事業部の編集者である福原望が登場。いまやApplivと並ぶ主軸サービスとなっている、おたすけスマホ情報サイト「Appliv TOPICS」について話を聞いています。2020年には売上が2倍以上となるなど急成長を遂げたAppliv TOPICS編集部の取り組みを詳しく語ってくれました。

第1位

【ナイルの組織】人事評価制度と給与の考え方を完全公開

2021年度に最も読まれたのはこの記事!公開時はSNS上でも大きな反響をいただきました。
業務内容と同じように、候補者の方が気になるのは人事評価や給与がどのように決まるのか、ではないでしょうか。かといって、面接時に聞けるかというと、なかなか難しいトピックでもあるはず。そのため、ナイルでは人事評価制度と給与査定の実態について細かくご紹介しました。

こちらもチェックしていただきたい!編集部のおすすめ記事

続いて、ナイルに興味のある方にはぜひ読んでいただきたい編集部のおすすめ記事をジャンル別に紹介します!

組織、カルチャーにまつわるお話

年間MVPが決定!仲間の活躍を称賛する「ナイル15周年パーティー」レポート

年に1度、ナイル全社員の中から最も活躍したメンバーやチーム、プロジェクトを表彰する全社総会「設立記念パーティー」。15周年を迎える2022年1月に行われた際のレポート記事です。オンライン開催の舞台裏や、各賞の受賞者を公開しています!

【ナイルのほんだな】自発的に学習するカルチャーを体現する、スキルアップ応援制度

書籍代や勉強会の参加費など、1人あたり月1万円まで補助される「スキルアップ応援制度」について、取締役の土居が制度の背景や利用状況を紹介しています。直近3年間で、この制度を利用して社員一人につき平均で年12冊購入し、学習に充てているとか!

絶賛人材募集中のポジションにまつわるお話

<編集者>

コンテンツ×マーケティングで顧客の事業に貢献する編集者のマインドセット

クライアントワークがメインとなるデジタルマーケティング事業部の編集者が、どのような思考でコンテンツ制作を日々行っているのかについて話を聞きました。ただ記事を作るだけではなく、マーケティング脳も鍛えられる環境がもたらすメリットについて紹介しています。

1年で売上2倍に!編集者がSEOから分析改善まで担うAppliv TOPICSの舞台裏

こちらはAppliv TOPICSの編集者が登場し、1年で売上を2倍にした舞台裏について紹介してくれました。こちらの編集者も、一般的なコンテンツ制作に加えてSEOのキーワード選定や記事公開後の分析などを担当。徹底したユーザー心理の分析と追求が成功のカギとなったそうです。

<エンジニア>

全員が主役になる組織を目指す!執行役員として見据えるこれからのビジョン

2021年11月に執行役員に就任した、自動車産業DX事業部の技術統括担当・長妻和佳子のインタビュー。開発責任者としての入社から執行役員就任までに至ったいきさつや、主体的に考えられる人材を育てるエンジニア組織などについて語ってくれています。

数千万円のコスト削減!攻めと守りで事業成長を支えるインフラエンジニアの取り組み

コーポレート本部で社内システムや自社プロダクトのインフラ全般を担当した後、メディアテクノロジー事業部に異動した小宮良之。「Appliv」「Appliv TOPICS」の運用工数を削減など、インフラエンジニアとしてさまざまな課題にどう向き合ったか、事業成長を支える取り組みについて話を聞きました。