ナイルのかだん 「生のナイル」を発信するオウンドメディア

ナイルな日常

【登壇報告】「AWS Amplify Meetup #01」にエンジニアの山本が登壇しました!

先日、「マイカー賃貸 おトクに定額カルモくん」を提供するモビリティサービス事業部のエンジニア山本 準がAWS Amplify Meetup #01」に登壇しました!

イベントについて

(参照:AWS Amplify Meetup #01より)

(参照:AWS Amplify Meetup #01より)

当日はそれぞれ登壇者が10分間のLTを行う形式で、イベント中に司会の塚田さんが言っていたところによると300人以上の視聴者の方がいたようです。

(参照:AWS Amplify Meetup #01 当日スライドより)

プレゼン内容はわかりやすい事例紹介から、AWS Amplifyのより深い技術的なTipsまで多岐にわたっていました。KDDIさんやアマゾンさん、 AWSに関する記事が豊富で有名なクラスメソッドさんなどの有名どころが多かったため、発表前は周りがレベル高そうで、登壇者の山本は自分の発表を聞いてくれるだろうかと不安になったようです(笑)。

山本のLT「Amplify 山あり、谷あり奮闘記

山本は「Amplify 山あり、谷あり奮闘記」というテーマで、既存のサーバレスなインフラ構成にAmplifyを導入してから運用してみて良かったことや苦労したエピソードについてお話しました。発表してみるとTwitterでの反響は意外と良く(当日の様子がわかるTwitterハッシュタグはこちら)、山本が躓いたところと同じところで躓いている人も多かったようなので、登壇中に回答できなかった質問についてはのちほど山本が個別で回答したそうです。

登壇資料はこちらで公開されているのでぜひご覧ください。

 

登壇者山本の感想

「今回人生初の登壇ということで、1ヶ月くらい前から準備を始めており、スライド作りにもかなりの時間をかけて取り組みました。LT事前練習&事前質問の回答準備を兼ねて、インターン生も含むナイル社内エンジニア約10名ほど集まっていただき社内LTを行いました。社内発表時はスライドや説明のせいか、ポカン?な人が多々いて質問にもちゃんとした回答ができなかったので、正直なところ落ち込みました。そこからスライドを更に練って準備し、最終プレゼンに向かいました。

しかし、意外とTwitter上では「これわかるー」や「こういうことか」などのリアクションを多くいただけて、質問も何件かいただけたので、Amplifyを導入を検討される方、またすでに導入されている方の参考になれて嬉しかったです。あとは発表を聞いてくれていた人が何人か自分のTwitterをフォローしてくれたのも嬉しかったです(笑)。

今回のイベントは、なかなかできていなかったエンジニアとしてアウトプットをする良い機会になりましたし、今後もこのような登壇機会があれば積極的に参加していきたいと思います!」

最後の登壇者、スタッフ同士の締めでは、AWS Amplifyのロゴを手で表現しあって(このアイデアは突然生まれたそうです)、和やかな感じで終わりました!


以上、登壇レポートでした!

カルモのエンジニアについてはこちらの記事もおすすめです

「走りながら考える」短期間でのサーバーレス化を実現したカルモエンジニアの哲学とは

モビリティサービス事業を一緒に創ってくれるメンバーを募集しています!

モビリティサービス事業についてはこちら

募集中のエンジニア求人情報はこちら

募集中のエンジニア(つくばオフィス)求人情報はこちら

関連記事